メインイメージ画像

ホームページで手軽に

皆さまの家にネット可能な環境があるのならば、マンションの査定を依頼するために、実際に会社まで行くことはないと思われます。
マンションの査定方法として、インターネットを使うのも有効な一つの方法でしょう。ネットの中には、一度条件をチェックすると様々な不動産企業が査定をしてくれるHPがたくさんあります。
一例をあげると、物件の方式と住所、間取り等の査定に求められる要件を入力するとHPに内に契約している会社から査定額がメールで報告される仕組みになっています。しつこい営業や連絡等も、ホームページを管理する会社が取り締まるところが多く、手軽なのではないかと言えます。

一括査定において、最高値をつけた会社と話し合いをしましょう。

たいてい、マンションの築年数が浅いほど売却価格は割高です。築年数とマンションの売却価格には、どのような相互関係があるのでしょうか。
マンションの売却価格は、築年数とともに同じように下がっていくわけではないのです。

入居すると大きく安くなり、後は、約15年かけて、少しずつ売却価格が減額されていきます。
なので、マンションを可能な限り高く売却したいと思うならば、売却価格が底値にならない時点で売却をした方が賢明と思われます。
それに加えて、売却を思っているマンションの建築年が1983年以降であるかという点も売却金額に大きく関係するのです。1983年以降につくられたマンションは新耐震基準のもとに建設されたためです。